ゴルフのスライスを克服

ゴルフをはじめた人のうち、ほとんどの人が経験するのがボールがスライスしてしまう現象です。
スライスとは右打ちの人なら右方向へボールが曲がって飛んでいくことで、それもドライバーショットでそのようになる人が多く、いろいろな原因がありなかなか克服することが難しいのです。

大阪のダンススタジオ情報を利用しましょう。

一ついえることはスライスしてボールが飛ぶのは右方向に打っているのではなく、ボールが回転しているからです。

野球などでボールをカーブやシュートさせているのは回転を与えているからです。


要はゴルフボールがスピンして回転してしまいその結果空気抵抗により曲がってしまうのです。



そのスピンがなぜ起こるのか、この原因をつかめばスライスを克服することができます。




ボールがスピンするその一番の原因はクラブのフェースが開いているからなのです。
自分が打つスタンスに対してインパクトの瞬間フェース面が垂直になっていないのです。

そのためにボールに回転がかかってしまうのです、これを治すにはどうすればよいか、いろいろな方法がありますがスイング自体直すのは少し難しくなります。

人気のあるサーフスクール関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

簡単に直すポイントとしては以下の2つがあります。

ひとつはボールの位置に対し、今までよりスタンスをボール一つ分後ろにさげるようにします。
これによってインパクトの瞬間フェース面が垂直になるように調整します。

そしてもうひとつは右打ちの方なら左手の甲の指が一つ分見えるように回しこんで握ります。
これでクラブの面の角度を調整することができます。ゴルフのスライスはこれで微調整することができるので、スイングを直すよりこの2点調整することで克服します。