グループウェアの概要

グループウェアとは企業など組織内で情報を共有し、業務の効率化を図るためのソフトウェアです。

グループウェアには組織内でネットワークを通じて連絡をとることができる電子メール、電子掲示板、チャット、インスタントメッセージなどのコミュニケーション機能や業務やノウハウを共有するためのドキュメント共有機能、メンバー間の予定や日程を公開したり告知したりできるスケジュール管理機能、離れた場所からも会議室やプロジェクタなどの設備の利用状況を確認したり設備の予約をできる設備予約機能、決済などの承認行為を管理できるワークフロー機能などがあり、通常は複数を組み合わせて導入します。
近年ではクライアント側が専用ソフトを必要としないウェブブラウザを使用したシステムが主流です。

Youtubeのための情報を提供するサイトです。

最近ではさらにサーバを必要としないクラウド型グループウェアも主流になりつつあります。



グループウェアを導入する際に気を付けることとして重要なことの一つはユーザインタフェースです。利用者は組織内のメンバーであるため、操作がわかりづらかったり、入力やボタンクリックが多すぎたりすればメンバー内に浸透せず、有益な情報が共有されにくくなります。また、導入したことによって逆に作業が増えてしまい業務効率が悪化すれば本末転倒です。

明日に役立つグループウェアの料金に関して悩んだら、是非お試し下さい。

そのため、グループウェアを導入する場合は業務に合うか、組織の目的に沿うかの他に、メンバーにヒアリングするなど現場の声も取り入れた方が導入による効果が得られやすくなります。